読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Path.GetDirectoryNameでフォルダパスを取得

.net

パス文字列からフォルダパスを取得したいときはPath.GetDirectoryNameを使います。

Path.GetDirectoryName メソッド (String) (System.IO)

このメソッド名だとフォルダパスじゃなくてフォルダ名を取得できる感じが・・・というのは置いておいて。

上記にもサンプルがのっていますが、他にもいくつかペタっとしておきます。

// よくある絶対パス
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"c:\folder\file.txt"));
// c:\folder

// 区切り文字で終わっているパス
// 先頭から最後の区切り文字まで(区切り文字は含まない)の文字列を取得する
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"c:\folder1\folder2\"));
// c:\folder1\folder2

// 区切り文字は"\"でも"/"でも大丈夫
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"c:/folder/file.txt"));
// c:\folder

// 相対パスでも大丈夫みたい
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"folder\file.txt"));
// folder

// 相対パスその2
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"..\..\file.txt"));
// ..\..

// ルート
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"c:\") == null ? "null" : "nullではない");
// null

// ルートその2
Console.WriteLine(Path.GetDirectoryName(@"\\server\") == null ? "null" : "nullではない");
// null

Path.GetDirectoryNameはパス文字列の先頭から最後の区切り文字まで(区切り文字は含まない)の文字列を取得するメソッドということで。ただしパス文字列がルートの場合はnullになると。

ASP.NET MVC - 部分ビューにあるinput要素のname属性にプレフィックスを付ける

asp.net-mvc

探していたことはまさにコレでした。

stackoverflow.com

TemplateInfoもよくわかっていなかったので真似してサンプルを書いてみました。

やりたいこと

まずはやりたいことを整理します。

次のようにAddressクラスのプロパティを2つ持つモデル、SampleInputModelがあるとします。コントローラのアクションでこのモデルをバインドしたいとします。

// 住所氏名
public class Address {
    [Display(Name = "住所")]
    public string Place { get; set; }

    [Display(Name = "名前")]
    public string Name { get; set; }
}

// 入力モデル
// Addressクラスを2つ持つ
public class SampleInputModel {
    [Display(Name = "送付先")]
    public Address ToAddress { get; set; }

    [Display(Name = "送付元")]
    public Address FromAddress { get; set; }
}

そしてAddressクラス用に部分ビューを用意したいとします。(このサンプルだと部分ビューにするまでも・・・という気がしますが、モデルもビューのマークアップももっと複雑だという体でお願いします。)

@* _Address.cshtml *@
@* Addressクラス用の部分ビュー *@

@model Address

<div>@Html.LabelFor(model => model.Place):@Html.TextBoxFor(model => model.Place)</div>
<div>@Html.LabelFor(model => model.Name):@Html.TextBoxFor(model => model.Name)</div>

RenderPartialメソッドを使って部分ビューを呼び出しますが、input要素のname属性が重複してしまいます。

<form action="@Url.Action()" method="post">
    @Html.LabelFor(model => model.ToAddress)
    @{
        Html.RenderPartial("_Address", Model.ToAddress);
    }
    <hr />
    @Html.LabelFor(model => model.FromAddress)
    @{
        Html.RenderPartial("_Address", Model.FromAddress);
    }
    <hr />
    <button type="submit">保存</button>
</form>

<!-- 生成されるhtml -->
<!-- input要素のname属性が重複している -->
<form action="/" method="post">
    <label for="ToAddress">送付先</label>
    <div><label for="Place">住所</label><input id="Place" name="Place" type="text" value="" /></div>
    <div><label for="Name">名前</label><input id="Name" name="Name" type="text" value="" /></div>
    <hr />
    <label for="FromAddress">送付元</label>
    <div><label for="Place">住所</label><input id="Place" name="Place" type="text" value="" /></div>
    <div><label for="Name">名前</label><input id="Name" name="Name" type="text" value="" /></div>
    <hr />
    <button type="submit">保存</button>
</form>

これではモデルにうまくバインドできません。id属性も重複していてダメですし。name属性をToAddress.NameFromAddress.Nameといった感じにする必要があります。

解決するには

モデルにバインドできるようにname属性を設定するには、TemplateInfo.HtmlFieldPrefixプロパティを使います。

このプロパティはTemplateInfo.GetFullHtmlFieldメソッド内で使われています。TemplateInfo.GetFullHtmlFieldメソッドはTextBoxForといったHtmlHelperの拡張メソッド内でname属性を作るのに使われています。

ということでTemplateInfo.HtmlFieldPrefixプロパティを使うRenderPartialFor拡張メソッドを書いてみます。

public static class HtmlHelperExtensions {
    // RenderPartialのラムダ式版
    public static void RenderPartialFor<TModel, TProperty>(
        this HtmlHelper<TModel> htmlHelper,
        string partialViewName,
        Expression<Func<TModel, TProperty>> expression) {

        // ラムダ式からモデルのメタデータを取得して、
        // さらにメタデータからモデルを取得する
        var metadata = ModelMetadata.FromLambdaExpression(expression, htmlHelper.ViewData);
        var model = metadata.Model;

        // TemplateInfoは、TextBoxForなどのHtmlHelperメソッドの拡張メソッドで
        // name属性を取得するのに使っているクラス
        var templateInfo = new TemplateInfo {
            // ラムダ式から「プロパティをドットで連結する文字列」を取得して、
            // プレフィックスに指定する
            HtmlFieldPrefix = ExpressionHelper.GetExpressionText(expression),
        };

        // TemplateInfoを差し替えるためにビューデータも作成する
        var viewData = new ViewDataDictionary(htmlHelper.ViewData) {
            TemplateInfo = templateInfo,
        };

        htmlHelper.RenderPartial(partialViewName, model, viewData);
    }
}

ビューでRenderPartialメソッドの代わりにRenderPartialForメソッドを使ってみると。

<form action="@Url.Action("Edit")" method="post">
    @Html.LabelFor(model => model.ToAddress)
    @{
        Html.RenderPartialFor("_Address", model => model.ToAddress);
    }
    <hr />
    @Html.LabelFor(model => model.FromAddress)
    @{
        Html.RenderPartialFor("_Address", model => model.FromAddress);
    }
    <hr />
    <button type="submit">保存</button>
</form>

<!-- 生成されるhtml -->
<form action="/" method="post">
    <label for="ToAddress">送付先</label>
    <div><label for="ToAddress_Place">住所</label><input id="ToAddress_Place" name="ToAddress.Place" type="text" value="" /></div>
    <div><label for="ToAddress_Name">名前</label><input id="ToAddress_Name" name="ToAddress.Name" type="text" value="" /></div>
    <hr />
    <label for="FromAddress">送付元</label>
    <div><label for="FromAddress_Place">住所</label><input id="FromAddress_Place" name="FromAddress.Place" type="text" value="" /></div>
    <div><label for="FromAddress_Name">名前</label><input id="FromAddress_Name" name="FromAddress.Name" type="text" value="" /></div>
    <hr />
    <button type="submit">保存</button>
</form>

name属性がいい感じに出力されています。これでモデルへのバインドもうまくできます。

さすがMVC

.NETでUDPを使って通信する(UdpClientを使う)

.net udp

前回はTCPを使って通信してみたので今回はUDPを使って通信するサンプルを書いてみました。

ichiroku11.hatenablog.jp

.NETでUDPを使って通信するにはUdpClientを使います。Socketを使う方法はまたそのうち…というフラグ。

UdpClient クラス (System.Net.Sockets)

UDPコネクションレスTCPよりシンプルなプロトコルなので、UdpClientを使ったコードもTCPに比べるとシンプルでわかりやすいかなと思います。TcpListenerのようなクラスもないですし、NetworkStreamも使いません。言ってしまえばバイト配列を送信する、受信するだけです。

クライアント

UDPのサンプルもHTTPのようにクライアントとサーバでリクエストとレスポンスのメッセージをやりとりする動きにしました。まずはクライアントから見ていきましょう。

クライアントの動き

  1. サーバにリクエストを送信
  2. サーバからレスポンスを受信

書くまでもない感じですね。

クライアントのサンプルコード

SendAsyncで一方的にリクエストを送信して、ReceiveAsyncでレスポンスを受信しています。

// クライアント
public class Client<TRequest, TResponse> {
    // 送信先のエンドポイント
    private readonly IPEndPoint _endpoint;

    public Client(IPEndPoint endpoint) {
        _endpoint = endpoint;
    }

    // クライアントを実行する
    // リクエストを送信してレスポンスを受信する
    public async Task<TResponse> SendAsync(TRequest request) {
        // UdpClientを作成するときにはエンドポイントを指定しない
        using (var client = new UdpClient()) {
            // 1. リクエストを送信
            // (送信先のエンドポイントを指定して)
            Console.WriteLine($"Client send {nameof(request)}: {request}");
            var requestBytes = new ObjectConverter<TRequest>().ToByteArray(request);
            await client.SendAsync(requestBytes, requestBytes.Length, _endpoint);

            // 2. レスポンスを受信
            var result = await client.ReceiveAsync();

            // ここで受信した結果のリモートエンドポイントが送信先かをチェックした方がいい気がする

            var responseBytes = result.Buffer;
            var response = new ObjectConverter<TResponse>().FromByteArray(responseBytes);
            Console.WriteLine($"Client receive {nameof(response)}: {response}");

            return response;
        }
    }
}

レスポンスを受信したタイミングで、送信したエンドポイントから返ってきたレスポンスかどうか、UdpReceiveResult.RemoteEndPointを確認した方がいい気がします。上記のサンプルでは書いていませんが。

サーバ

続いてサーバ。

サーバの動き

  1. クライアントからリクエストを受信する
  2. リクエストを処理してレスポンスを作る
  3. クライアントにレスポンスを送信する

サーバのサンプルコード

2と3は複数のクライアントからのリクエストを並列に処理することを考えてTaskを使いました。ただサンプルではTaskを管理していません。投げっぱなしは良くないので管理する必要があるとは思いますが、どうするのがいいのかなと。

// サーバ
public class Server<TRequest, TResponse> {
    // リクエストを受信するエンドポイント
    private readonly IPEndPoint _endpoint;

    public Server(IPEndPoint endpoint) {
        _endpoint = endpoint;
    }

    // サーバを実行する
    public async Task RunAsync(Func<TRequest, TResponse> processor) {
        // リクエストを受信するエンドポイントを指定してUdpClientを作成
        using (var client = new UdpClient(_endpoint)) {
            while (true) {
                // 1. リクエストを受信
                var result = await client.ReceiveAsync();
                var requestBytes = result.Buffer;
                var request = new ObjectConverter<TRequest>().FromByteArray(requestBytes);
                Console.WriteLine($"Server receive {nameof(request)}: {request}");

                var sender = Task.Run(async () => {
                    // 2. リクエストからレスポンスを作成
                    var response = processor(request);

                    // 3. リクエストの送信元にレスポンスを送信
                    Console.WriteLine($"Server send {nameof(response)}: {response}");
                    var responseBytes = new ObjectConverter<TResponse>().ToByteArray(response);
                    await client.SendAsync(responseBytes, responseBytes.Length, result.RemoteEndPoint);
                });

                // Taskの管理やエラー処理は省略
            }
        }
    }
}

クライアントとサーバを実行してみる

そして実行してみると。

class Program {
    // サーバの作成
    public static Server<string, string> Server(IPEndPoint endpoint)
        => new Server<string, string>(endpoint);

    // クライアントの作成
    public static Client<string, string> Client(IPEndPoint endpoint)
        => new Client<string, string>(endpoint);

    // 文字列を並びを反対にする
    private static string Reverse(string original)
        => new string(original.Reverse().ToArray());

    static void Main(string[] args) {
        var endpoint = new IPEndPoint(IPAddress.Loopback, 54321);

        // サーバを実行
        var server = Task.Run(() => Server(endpoint).RunAsync(Reverse));

        // クライアントを実行
        Task.WaitAll(
            Client(endpoint).SendAsync("あいうえお"),
            Client(endpoint).SendAsync("かきくけこ"));

        // サーバのTaskをきれいに終了するにはどうしたらいいのか...
    }
}
// 実行結果
/*
Client send request: あいうえお
Server receive request: あいうえお
Client send request: かきくけこ
Server receive request: かきくけこ
Server send response: おえういあ
Server send response: こけくきか
Client receive response: おえういあ
Client receive response: こけくきか
*/

TCPのサンプルを書いたときもそうでしたが、サーバの終了処理(キャンセル処理?)はどう書くのがいいかまだよく分からずです。

ソース全体はこちら。

.NETでUDP(UdpClient) · GitHub

.NETでTCPを使って通信する(TcpClientとTcpListenerを使う)

.net tcp

.NETで通信するプログラムに興味が出てきたので調べたりしています。ネットワークプログラミングと言うんですかね。まずはやっぱりTCPかなと思うので、TCPを使って通信する簡単なクライアントとサーバのサンプルコードを書いてみました。

.NETでTCPを使って通信するにはTcpClientとTcpListenerを使います。

より細かく制御できるSocketを使う方法もあるようです。いい勉強になりそうだとは思うのですがなかなか難しそうなのでソケットはまた別で試したいと思います。というフラグ立て。

クライアント

クライアントもサーバもHTTPをイメージしてリクエストとレスポンスのメッセージをやりとりする動きにしました。まずはクライアントの動きです。

クライアントの動き

  1. サーバに接続
  2. サーバにリクエストを送信する
  3. サーバからレスポンスを受信する

クライアントのサンプルコード

上記の動きをするクライアントのサンプルコードです。クライアント側ではTcpClientを使います。エンドポイントとはIPアドレスとポート番号のセットのことです。

// クライアント
public class Client<TRequest, TResponse> {
    // 接続先のエンドポイント
    private readonly IPEndPoint _endpoint;

    public Client(IPEndPoint endpoint) {
        _endpoint = endpoint;
    }

    // サーバにリクエストを送信してレスポンスを受信する
    public async Task<TResponse> Send(TRequest request) {
        using (var client = new TcpClient()) {
            // 1. サーバに接続
            await client.ConnectAsync(_endpoint.Address, _endpoint.Port);

            using (var stream = client.GetStream()) {
                // 2. サーバにリクエストを送信する
                Console.WriteLine($"Client send: {request}");
                stream.WriteObject(request);

                // 3. サーバからレスポンスを受信する
                var response = stream.ReadObject<TResponse>();
                Console.WriteLine($"Client received: {response}");

                return response;
            }
        }
    }
}

Stream.WriteObject、Stream.ReadObjectは自作した拡張メソッドです。WriteObjectはオブジェクトをバイト配列に変換してストリームに書き込みます。ReadObjectはストリームから読み込んだバイト配列をオブジェクトとして取得します。

サーバ

続いてサーバです。クライアントと比べるとちょっと複雑です。

サーバの動き

  1. クライアントからの接続を待つ
  2. クライアントからの接続を受け入れる
  3. クライアントからリクエストを受信する
  4. リクエストを処理してレスポンスを作る
  5. クライアントにレスポンスを送信する

3から5は複数のクライアントからのリクエストを並列に処理できるようにしています。

サーバのサンプルコード

サーバではまずTcpListenerを使ってクライアントからの接続を待ちます。クライアントから接続されると今度はTcpClientを使ってメッセージを読み書きすると言った感じになります。

// サーバ
public class Server<TRequest, TResponse> {
    // 接続を待つエンドポイント
    private readonly IPEndPoint _endpoint;

    // リクエストからレスポンスを作成する処理
    private readonly Func<TRequest, TResponse> _processor;

    // TCPリスナー
    private readonly TcpListener _listener;

    public Server(IPEndPoint endpoint, Func<TRequest, TResponse> processor) {
        _endpoint = endpoint;
        _processor = processor;
        _listener = new TcpListener(_endpoint);
    }

    // クライアントからリクエストを受信してレスポンスを送信する
    private void Receive(TcpClient client) {
        using (client)
        using (var stream = client.GetStream()) {
            // 3. クライアントからリクエストを受信する
            var request = stream.ReadObject<TRequest>();

            // 4. リクエストを処理してレスポンスを作る
            var response = _processor(request);

            // 5. クライアントにレスポンスを送信する
            stream.WriteObject(response);
        }
    }

    // 接続を待つ
    public async Task Listen() {
        Console.WriteLine($"Server listen:");
        // 1. クライアントからの接続を待つ
        _listener.Start();

        while (true) {
            // 2. クライアントからの接続を受け入れる
            var client = await _listener.AcceptTcpClientAsync();
            Console.WriteLine($"Server accepted:");

            var task = Task.Run(() => Receive(client));

            // Taskの管理やエラー処理は省略
        }
    }

    // 終了する
    public void Close() {
        _listener.Stop();
    }
}

なるべく簡単なサンプルにするためにエラー処理やTaskの管理など省いていますが、ベースとしてはこんな感じかなと。実際作り込むには色々考えることがありそうに思ったり。

クライアントとサーバを実行してみる

サーバを動かしてクライアントも実行してみます。

class Program {
    static void Main(string[] args) {
        // サーバが接続を待つエンドポイント
        // であり
        // クライアントが接続するサーバのエンドポイント
        var endpoint = new IPEndPoint(IPAddress.Loopback, 54321);

        // サーバ
        var server = new Server<Message, Message>(
            endpoint,
            // リクエストからレスポンスを作る処理
            request => new Message {
                Id = request.Id,
                // メッセージの文字列を逆順にする
                Content = new string(request.Content.Reverse().ToArray()),
            });
        // 接続を待機
        var task = Task.Run(() => server.Listen());

        // クライアント
        Task.WaitAll(
            // リクエストを送信してレスポンスを受信
            new Client<Message, Message>(endpoint).Send(new Message { Id = 10, Content = "あいうえお" }),
            new Client<Message, Message>(endpoint).Send(new Message { Id = 20, Content = "かきくけこ" }),
            new Client<Message, Message>(endpoint).Send(new Message { Id = 30, Content = "さしすせそ" })
        );

        // サーバを終了
        server.Close();
        // サーバの終了処理、Taskの管理、エラー処理あたりが微妙
    }
}

// 実行結果(実行するたびに変わる)
/*
Server listen:
Server accepted:
Server accepted:
Client send: { Id = 10, Content = "あいうえお" }
Client send: { Id = 30, Content = "さしすせそ" }
Server accepted:
Client send: { Id = 20, Content = "かきくけこ" }
Client received: { Id = 30, Content = "そせすしさ" }
Client received: { Id = 10, Content = "おえういあ" }
Client received: { Id = 20, Content = "こけくきか" }
*/

実行結果やデバッグ実行で分かりやすくするために、同じプロセス内でクライアントもサーバも動かしています。あとサーバ(リスナー)の終了の仕方とかTaskの管理とか微妙かもです。

ソース全体はこちらに。

SQL Server - OPENROWSETでJSONファイルを読み込んでOPENJSON

sql-server t-sql

前回、OPENJSONを使ってJSON文字列を結果セットに変換してみました。

ichiroku11.hatenablog.jp

そのあとにそういえば「JSONファイル」を読み込んでOPENJSONを使う方法を知らないなと思いました。検索してみると次の記事が見つかります。

Importing JSON files into SQL Server using OPENROWSET (BULK) | SQL Server Database Engine Blog

この記事の二番煎じもいいところですが、OPENROWSETもCROSS APPLYもたぶんあまり使ったことがない気がするので試してみました。

まずJSONファイルを用意します。

{
    "entries": [
        { "id": 10, "name": "" },
        { "id": 30, "name": "" },
        { "id": 20, "name": "" }
    ]
}

JSONファイルはC:\Temp\sample.jsonにあるとします。このファイルを読み込んで結果セットに変換するクエリは次のように書きます。

select Id, Name
from
    -- OPENROWSETでJSONファイルを読み込む
    -- SINGLE_NCLOBを指定して1行1列の結果セットを取得する
    -- 結果セットにJson(Text)という名前を付ける
    openrowset(bulk N'C:\Temp\sample.json', SINGLE_NCLOB) as Json(Text)
    -- 結果セットのJson.Textに対してCROSS APPLYでOPENJSONを呼び出す
    cross apply
        openjson(Json.Text, N'$.entries')
        with(
            Id int N'$.id',
            Name nvarchar(10) N'$.name'
        )
order by Id;

-- 実行結果
/*
Id          Name
----------- ----------
10          あ
20          う
30          い
*/

OPENROWSETの引数にSINGLE_NCLOBを指定すると、ファイルの内容をnvarchar(max)の1行1列の結果セットとして取得できます。CROSS APPLYは結果セットの行ごとに関数を呼び出します。今回の結果セットは1行なのでOPENJSONは1回だけ呼ばれているはずです。

参考